ご使用にあたって

WAONN:木製球体スピーカーボディに天然無垢材使用している為、直射日光に当たる場所などに設置されますと、色の変化や退色、木材自体の急激な乾燥が予想される為、設置される際には極力日差しの当たる場所などを避けてご使用ください。
表面は木製でシンプルな外観ですが、内部にはデリケートな精密電気部品が内蔵されています。
故障の原因となる水分、多湿などの条件にご注意下さい。また、無垢材の特性上、湿度の変化と共に木部の含水率が変化して音色や響に微妙な差が生じる事がございますが、スピーカーの異常ではございません。この木製ボディスピーカーの特徴となりますので、木製ボディならではのテイストをお楽しみ頂ければ幸いです。

メインテナンス

WAONN:木製球体スピーカーお取り扱い環境等により乾燥による割れやヒビ、ゆがみの発生が予測される為、木材の吟味にはこだわりを持って厳選しております。
また、天然無垢材の持つ自然な響き、音質を 最優先に考慮した設計になっておりますので、自然素材の良さを妨げてしまうような強固な塗装や接着方法などは用いておりません。
私共の音質に対する取り組みを御理解頂き、大切にお取り扱い頂けますよう宜しくお願い致します。
木種、仕上げによっては定期的なオイルメインテナンスなどが必要となります。

■メインテナンス方法はこちら

補修・修復

WAONN:木製球体スピーカー一般的な利用状況に置ける保証範囲外のアクシデントにおいて、万 が一本体を落下させてしまった、若しくはぶつけてしまうなどして欠けや割れ、ヒビ等が入ってしまった場合には有償での修理サポートをご利用下さい。
以下の写真は、スピーカーの落下によるユニット上部が一部欠けてしまったケースです。
写真では修理痕が綺麗に修復されています。(ウォールナットに着 色)
ご自分で修復する場合(自己責任の上行って下さい)にはぶつけてくぼんでしまったような傷には、深さ1〜2mm程度までの場合には、布を水で十分に浸し、ダメージ部に当て、熱くなったアイロンを布の上から当てるようにしてくぼみを戻します。
しっかりと乾燥させた後、サンドペーパーなどで滑らかにして(患部周りだけでは無く全体に均一にペーパーをあてる)から再塗装を行って下さい。
無垢材の自己復活力には目を見張るものがあります。