代表挨拶

最近のオーディオ(スピーカー)には、OO方式など何度読んでも何度聴いても価値に辿り着かないようなこじ付けの世界観が広がり、無駄に高価な物が増えてしまったように感じます。 木の粉(MDF)にツキ板を貼ってきれいに見せかけ高級感があっていいでしょう!
しかし、これでは本質的な意味を感じる事が出来ません。
逆に、このスピーカーは削りかすまで無駄にしないエコロジーなんだよと言われた方が寧ろ納得できるというものです。

スピーカーは、音楽を鳴らす道具として使うだけなら どんな物でも聴けますが、 所有する喜び、時間が経っても色褪せない価値を求める方には、このスピーカーはお薦めです。
我々も、拘りぬいたからこそ得られた別世界です。 必ずや、拘りを持った方だけが得られる、所有する喜び、鳴らす楽しみ、色褪せない価値を実感出来る事でしょう。

このスピーカーの特徴は、同じユニット、同じ容積を使っての実験において、 こだわって作った四角いスピーカーとこの球体スピーカーを聴き比べた場合、まずお気に入りのCDを聴かれた皆さんが最初に驚かれるのは、無理のない再現性だと思います。 "そこで歌っていたの?ここはこんなに広く、お客さんまでは結構な距離だね。"と演奏しているメンバーはそのままに、ボーカルが少し前に来てベースが左にずれドラムが後ろに下がり…と演奏者の位置が前後左右上下と音像が立体的に現れ、空気感や残響音、はたまたパート毎の別録りによる響きの違いなどにも気づいてしまう事でしょう。

他にもギターの弦がさわやかに、ピアノのタッチがより自然になど、音色の響きや余韻までも心地よく気持ち良く感じられることでしょう。 これらは全て、奏者と楽器が奏でている音の旨味成分、倍音が再現されているからです。演者は本来、我々リスナーに対して、心地の良い倍音を届けようとしている事に気がつく事も出来るでしょう。
      しかし“どうしてこう鳴るの?”と興味を持ってご質問を頂いても、悲しいかな理屈が良く分かっていません。。。ただ、無垢材で球体を作っている事に間違いはありません。球体は、音エネルギーが広がる際の邪魔にならないので、ユニットの特性がそのまま表現されます。
ただし、丸型と箱型、どちらが良いとか悪いとかいう事では無く、音波が音が球面状に広がる特性を持つ以上、その特性を邪魔することなく最大限に活かせるのが球体であるとお考え下さい。

だからと言って四角い箱が悪いというわけではありません。
完成して気づいたのですが、球体は音場がクリアーに聴きやすくなる分、 音を反射する解析効果が薄れ量感など失う物があるのも事実です。
その場合は、ラックの手前では無く、奥にセッティングをするなど(量感にかなりの変化が表れます)、 程よいお好きな場所を探して楽しんでみて下さい。ですので、従来の物と比べて、鳴らす楽しみ、聴く楽しみ、感じる楽しみ、が新たに増えたと思って頂ければ幸いです。
なぜなら、四角い箱には何十年と言う歴史とJBLやアルテック、ダイヤトーンにビクターやパイオニアなどなど錚々たるメンバーによって絶え間ない研究がされてきたと思いますし、頂点を極めたモデルがいくつも存在しています。

一方の無垢材による球体スピーカーは、今まさにスタートラインに立ち頂点を目指して歩み出したばかりです。 仮に、同じユニットで、薄い無垢材の四角い箱なら5〜6万も出せば手に入れられるでしょう。それが球体になったと言う事で15万も違い、しかもお届けまで (製作日数)の時間も何倍もかかってしまう、ある意味ダメな球体スピーカーですが、ここで目をつぶって頂ければ本質的に良い物を手に入れる事が出来ます。
ユニット部分は、何十年?で交換になると思いますが、本体部分は、次の世代また次の世代へと受け継いでいく事も可能でしょう。
スピーカーを手にとってすりすりしてくれる女性のお客様が、「これは、ホントにいい物ね」と言って頂けるようになったのも、スピーカーとしては新たな世界 なのではないでしょうか?
開発コンセプトでもある、『見て良し、鳴らして良し、魅せて良し』の音を楽しむ家具の第一弾がここに誕生しました。
是非とも、リビングやベッドサイド、デスクトップとしてご愛用下さいませ。 どうぞ末永くご愛好頂けますよう宜しくお願い致します。


2008年 2月吉日WAONN/ドッグラン 代表取締役  星 秀樹




商号 株式会社ドッグラン
所在地 〒240-0022
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西久保町1−4 1−1015
代表者 星 秀樹
設立 2003年4月
資本金 1,000万円
電話 各担当スタッフまでご連絡下さいませ。
FAX  
e-mail info@waonn.jp